血糖値を下げる?!アルコールとの上手な付き合い方

alcol
仕事上の付き合いで、仕事の後のご褒美に、ビールや日本酒を飲みながらの楽しいひと時は明日への活力にもなりストレス発散にもいいですね。ですが、血糖値が高めの方はお酒を飲んでもいいのでしょうか?意外と知らない血糖値とアルコールの関係を確認しておきましょう。

血糖値は血液中の糖分(ブドウ糖)の量をあらわす数値です。血糖値が高い状態が続くと血糖値を平常値に保つコントロールをしているインスリンがうまく機能しなくなり、やがて糖尿病へと進行していきますので、高血糖だと診断されたら食生活などに注意しなければなりません。砂糖を多く含む食品、体内で糖分にかわる炭水化物などはなるべく量を減らし、バランスのいい食事を心がけるよう指導されると思いますが、お酒に関してはあまり言われないと思います。それはお酒が「血糖値を下げる」といわれているからです。血糖値を下げるといっても、醸造酒(ビールや日本酒など)は糖質が含まれていますので飲んだら血糖値は上がります。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒と糖質フリーと明記されているお酒を飲んだ場合に血糖値は下がりますので、注意してくださいね。

ではなぜ血糖値が下がるのでしょうか?摂取された糖質が分解された後、すぐにエネルギーとして消費されないブドウ糖は肝臓や筋肉組織や脂肪組織内に蓄積されますが、一番よく働いてくれる肝臓がアルコール解毒に一生懸命になってしまい、その他の栄養を蓄えたり、蓄えてあるものをエネルギーに変えたりといった機能ができなくなってしまいます。そのため血糖値が下がっていくのです。だからといって飲みすぎは逆効果、それにアルコールの分解が終われば本来の機能も徐々に働くようになりますので、酒のつまみに食べたものはしっかり吸収され、それにより血糖値も上がります。つまみは高カロリーなものも多く、血糖値も上がりやすいので、高血糖な方はできれば禁酒もしくは日本酒なら1合までに控えておきましょう。

上手に付き合えば百薬の長、飲むお酒の種類に注意しつまみをナッツなどにすれば、血糖値は上がりにくくなりお酒を楽しむ余裕も出来ますね。※血糖値が高めな方向けの内容となっています。医師より禁酒を指導されている方や薬を飲んでいる方は、アルコール摂取は厳禁です。