血糖値を下げる?!アルコールとの上手な付き合い方

alcol
仕事上の付き合いで、仕事の後のご褒美に、ビールや日本酒を飲みながらの楽しいひと時は明日への活力にもなりストレス発散にもいいですね。ですが、血糖値が高めの方はお酒を飲んでもいいのでしょうか?意外と知らない血糖値とアルコールの関係を確認しておきましょう。

血糖値は血液中の糖分(ブドウ糖)の量をあらわす数値です。血糖値が高い状態が続くと血糖値を平常値に保つコントロールをしているインスリンがうまく機能しなくなり、やがて糖尿病へと進行していきますので、高血糖だと診断されたら食生活などに注意しなければなりません。砂糖を多く含む食品、体内で糖分にかわる炭水化物などはなるべく量を減らし、バランスのいい食事を心がけるよう指導されると思いますが、お酒に関してはあまり言われないと思います。それはお酒が「血糖値を下げる」といわれているからです。血糖値を下げるといっても、醸造酒(ビールや日本酒など)は糖質が含まれていますので飲んだら血糖値は上がります。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒と糖質フリーと明記されているお酒を飲んだ場合に血糖値は下がりますので、注意してくださいね。

ではなぜ血糖値が下がるのでしょうか?摂取された糖質が分解された後、すぐにエネルギーとして消費されないブドウ糖は肝臓や筋肉組織や脂肪組織内に蓄積されますが、一番よく働いてくれる肝臓がアルコール解毒に一生懸命になってしまい、その他の栄養を蓄えたり、蓄えてあるものをエネルギーに変えたりといった機能ができなくなってしまいます。そのため血糖値が下がっていくのです。だからといって飲みすぎは逆効果、それにアルコールの分解が終われば本来の機能も徐々に働くようになりますので、酒のつまみに食べたものはしっかり吸収され、それにより血糖値も上がります。つまみは高カロリーなものも多く、血糖値も上がりやすいので、高血糖な方はできれば禁酒もしくは日本酒なら1合までに控えておきましょう。

上手に付き合えば百薬の長、飲むお酒の種類に注意しつまみをナッツなどにすれば、血糖値は上がりにくくなりお酒を楽しむ余裕も出来ますね。※血糖値が高めな方向けの内容となっています。医師より禁酒を指導されている方や薬を飲んでいる方は、アルコール摂取は厳禁です。

妊娠中こそ気をつけたい!血糖値が高いと起こる妊娠糖尿病とは

ninchinchuu

妊娠すると行う様々な検査の中で、血糖検査というものがあります。妊娠初期と中期に行われる検査ですが、文字通り血糖値を測定する検査のことです。血糖値というと中年以降の方が気にするイメージがあるかもしれませんが、実は妊娠中の女性こそ気をつけたいものなのです。血糖値が高いと母体はもちろん赤ちゃんにも様々な影響をもたらしてしまうのです。血糖値と妊娠糖尿病について確認しておきましょう。

血糖値とは、血液中の糖分(ブドウ糖)の量をあらわした数値です。毎日の食事の中の炭水化物や糖質は、身体の中で分解されブドウ糖となり血液によって運ばれ、身体を動かすエネルギー源となります。エネルギーとして消費されずに残った分は、肝臓や脂肪組織などに蓄えられ、必要になった時に燃焼分解されてエネルギー源となるのです。この時体内の血糖値を一定にするようコントロールを行っているのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモン物質ですが、妊娠すると中期以降に胎盤から血糖値を上げやすくするホルモンが分泌されるので、インスリンが機能しづらくなります。

通常インスリンもそれに応じて分泌量が増えて血糖値の上昇を抑えるのですが、分泌が十分に出来ない場合高血糖状態となり、「妊娠糖尿病」と診断されることがあります。インスリンの分泌異常が起こる原因は様々ですが、特に・体重が急激に増えすぎた・両親や兄弟姉妹が糖尿病・尿検査で異常が見受けられた・第2子妊娠以降の妊婦の場合は巨大児や先天異常児の出産歴、流産や早産歴がある・35歳以上(高齢出産)といったことが当てはまります。さらに初期の血糖値検査で高血糖の場合は、妊娠前から高血糖もしくは糖尿病だったと判明することもあります。

では妊娠糖尿病はどのような症状があるのでしょうか?母体が高血糖の場合、お腹の胎児も高血糖となり様々な異常が起こります。母体には、切迫流早産や早産の危険、羊水過多症、尿路感染症のリスクがあり、胎児には、難産に繋がりやすい巨大児、子宮内での胎児死亡などがあります。さらに妊娠前から血糖値が高かった可能性がある場合は、流産リスクが高く、また先天異常(奇形)を起こす心配があります。無事産まれてきても、赤ちゃんが低血糖、黄疸、呼吸障害などの合併症を引き起こすことが多く、母体の血糖コントロールがとても重要になってきます。

では血糖値を下げるために妊娠中にできることを確認しましょう。悪阻がある初期は難しいかもしれませんが、血糖値の上がる炭水化物や糖分の多いものを少なめにバランスの取れた食事を摂り、散歩などで身体を動かしてストレスをためないようにすることです。一度に沢山食べようとせず、小分けに少しずつ食事をするのも急激に血糖値を上げない方法のひとつです。なお切迫流早産で安静を指示されている場合はこの限りではありません。

妊娠中の高血糖や妊娠糖尿病は、中年以降に糖尿病にかかるリスクが高くなるそうです。健康な赤ちゃんを産むためにも、日ごろから血糖値を正常範囲に保つ生活習慣を心がけたいものですね。