手足のしびれを感じたら、疑おう糖尿病

自覚症状がほとんどない糖尿病は気づかない間に私たちの健康を害します。
そして恐ろしいことに合併症があるということが特徴です。

合併症を引き起こしたときに、糖尿病が発覚することがよくありますが
そのような症状が確認できる頃には既に病気がある程度進行している場合が多いのです。

糖尿病には3大合併症があります。
糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症のうち
その一つが手足のしびれなどの症状を引き起こす【糖尿病神経障害】です。
この症状が一番わかりやすく、合併症の中では1番早く症状が現れると言われます。

02

糖尿病は血糖値が高くなる病気なので、この状態が続くこと、
つまり高血糖状態が続くと、神経に栄養を送るための血管が詰まるのです。

血管が詰まると神経に栄養が届かず部分的に壊死します。
その為、手足のしびれなどの末梢神経障害が引き起こされるのです。

手足のしびれで糖尿病が発見できれば、自覚症状も出て治療に進むことができるのですが
糖尿病神経障害は大きく2種類に分かれており、手足のしびれなどの末梢神経障害と
心臓や血圧などに障害が起こる自律神経障害があります。
自律神経障害はたちくらみや胃もたれ、便秘、下痢などが主な症状です。

このような神経障害の場合、血糖値のコントロールをすることが大切です。
多くの人は、自覚症状があっても痛みを感じることがなかったり
普段の生活において不都合が無ければ病院に行きません。

しかし糖尿病は知らない間に進行する大変な病気です。
少しでも違和感を感じたら病院に行きましょう。
検査をして何も悪いところがなければそれで安心です。

糖尿病は毎日の生活習慣によって引き起こされる病気です。
美味しいものが簡単に食べられる現代において食生活を見直すことは
とても大事なことになってきています。よく噛んで食べ、そしてよく運動しましょう。

また、生活習慣を変えましょう。
一度良い食生活、運動生活をしたからと言って
症状が軽減されたり無くなることはほぼありません。
継続して生活をし病気に負けない生活習慣を心がけましょう。