血糖値ってなんなの?

doc

健康診断の血液検査でGLUやHgA1C、GAなどの表記を見た事がないでしょうか?
これらは血液中にどれくらい血糖が含まれているか、その値を調べた検査結果になります。
血糖とは血液に含まれるブドウ糖のことで、血中にどれくらいブドウ糖が含まれているかを表しているのが血糖値です。
血糖値は健康な人であればホルモンの働きで、体内では70〜130mg/dLほどに保たれています。

糖とついているので甘いものに関係していそうですが、甘いものだけでなく普通に食事を摂っただけでも変化します。ブドウ糖はケーキやお菓子などの甘いものや飲料水などに含まれているのものだけでなく、ご飯やパン、小麦粉、はちみつや果物、栄養補助食品などにも含まれています。
さらに血糖値は食事だけでなく疲労やストレスを感じている時や体調が悪い時、運動時、飲酒・喫煙、妊娠、手術後などにも変化がみられます。
血糖値の正常値は空腹時で80〜110mg/dL未満、食後でも140mg/dL未満と考えられています。

血糖値が高い状態が継続する場合は糖尿病だけでなく膵臓疾患、肝疾患、内分泌疾患、中枢神経疾患、代謝性疾患などが疑われます。低い場合は腎不全や心不全、ショック症状、下垂体・副腎・甲状腺等の機能不全、肝疾患、イリノーマなどが疑われます。また糖尿病のインスリン治療薬の副作用で低血糖状態に陥ることもあります。
病気が疑われる場合は他の様々な検査を行ってから診断があります。血糖値が正常値でないからといって全ての人が病気であるとは言えませんが、きちんと検査を行ったほうが良いでしょう。

血糖値が高すぎたり低すぎると何かしらの病気が疑われてしまうのですが、血中にあるブドウ糖は筋肉などを正常に動かすために使用されているため、全く摂取しないことはできません。特に脳はブドウ糖のみをエネルギーとして使用するため、生活するうえで欠かせないものとなっています。生活習慣の改善は大切ですが、きちんと検査・診断後に保健師さんなどと相談しながら進めたほうがより適切に改善することができるでしょう。

血糖値を下げる?!アルコールとの上手な付き合い方

alcol
仕事上の付き合いで、仕事の後のご褒美に、ビールや日本酒を飲みながらの楽しいひと時は明日への活力にもなりストレス発散にもいいですね。ですが、血糖値が高めの方はお酒を飲んでもいいのでしょうか?意外と知らない血糖値とアルコールの関係を確認しておきましょう。

血糖値は血液中の糖分(ブドウ糖)の量をあらわす数値です。血糖値が高い状態が続くと血糖値を平常値に保つコントロールをしているインスリンがうまく機能しなくなり、やがて糖尿病へと進行していきますので、高血糖だと診断されたら食生活などに注意しなければなりません。砂糖を多く含む食品、体内で糖分にかわる炭水化物などはなるべく量を減らし、バランスのいい食事を心がけるよう指導されると思いますが、お酒に関してはあまり言われないと思います。それはお酒が「血糖値を下げる」といわれているからです。血糖値を下げるといっても、醸造酒(ビールや日本酒など)は糖質が含まれていますので飲んだら血糖値は上がります。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒と糖質フリーと明記されているお酒を飲んだ場合に血糖値は下がりますので、注意してくださいね。

ではなぜ血糖値が下がるのでしょうか?摂取された糖質が分解された後、すぐにエネルギーとして消費されないブドウ糖は肝臓や筋肉組織や脂肪組織内に蓄積されますが、一番よく働いてくれる肝臓がアルコール解毒に一生懸命になってしまい、その他の栄養を蓄えたり、蓄えてあるものをエネルギーに変えたりといった機能ができなくなってしまいます。そのため血糖値が下がっていくのです。だからといって飲みすぎは逆効果、それにアルコールの分解が終われば本来の機能も徐々に働くようになりますので、酒のつまみに食べたものはしっかり吸収され、それにより血糖値も上がります。つまみは高カロリーなものも多く、血糖値も上がりやすいので、高血糖な方はできれば禁酒もしくは日本酒なら1合までに控えておきましょう。

上手に付き合えば百薬の長、飲むお酒の種類に注意しつまみをナッツなどにすれば、血糖値は上がりにくくなりお酒を楽しむ余裕も出来ますね。※血糖値が高めな方向けの内容となっています。医師より禁酒を指導されている方や薬を飲んでいる方は、アルコール摂取は厳禁です。

妊娠中こそ気をつけたい!血糖値が高いと起こる妊娠糖尿病とは

ninchinchuu

妊娠すると行う様々な検査の中で、血糖検査というものがあります。妊娠初期と中期に行われる検査ですが、文字通り血糖値を測定する検査のことです。血糖値というと中年以降の方が気にするイメージがあるかもしれませんが、実は妊娠中の女性こそ気をつけたいものなのです。血糖値が高いと母体はもちろん赤ちゃんにも様々な影響をもたらしてしまうのです。血糖値と妊娠糖尿病について確認しておきましょう。

血糖値とは、血液中の糖分(ブドウ糖)の量をあらわした数値です。毎日の食事の中の炭水化物や糖質は、身体の中で分解されブドウ糖となり血液によって運ばれ、身体を動かすエネルギー源となります。エネルギーとして消費されずに残った分は、肝臓や脂肪組織などに蓄えられ、必要になった時に燃焼分解されてエネルギー源となるのです。この時体内の血糖値を一定にするようコントロールを行っているのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモン物質ですが、妊娠すると中期以降に胎盤から血糖値を上げやすくするホルモンが分泌されるので、インスリンが機能しづらくなります。

通常インスリンもそれに応じて分泌量が増えて血糖値の上昇を抑えるのですが、分泌が十分に出来ない場合高血糖状態となり、「妊娠糖尿病」と診断されることがあります。インスリンの分泌異常が起こる原因は様々ですが、特に・体重が急激に増えすぎた・両親や兄弟姉妹が糖尿病・尿検査で異常が見受けられた・第2子妊娠以降の妊婦の場合は巨大児や先天異常児の出産歴、流産や早産歴がある・35歳以上(高齢出産)といったことが当てはまります。さらに初期の血糖値検査で高血糖の場合は、妊娠前から高血糖もしくは糖尿病だったと判明することもあります。

では妊娠糖尿病はどのような症状があるのでしょうか?母体が高血糖の場合、お腹の胎児も高血糖となり様々な異常が起こります。母体には、切迫流早産や早産の危険、羊水過多症、尿路感染症のリスクがあり、胎児には、難産に繋がりやすい巨大児、子宮内での胎児死亡などがあります。さらに妊娠前から血糖値が高かった可能性がある場合は、流産リスクが高く、また先天異常(奇形)を起こす心配があります。無事産まれてきても、赤ちゃんが低血糖、黄疸、呼吸障害などの合併症を引き起こすことが多く、母体の血糖コントロールがとても重要になってきます。

では血糖値を下げるために妊娠中にできることを確認しましょう。悪阻がある初期は難しいかもしれませんが、血糖値の上がる炭水化物や糖分の多いものを少なめにバランスの取れた食事を摂り、散歩などで身体を動かしてストレスをためないようにすることです。一度に沢山食べようとせず、小分けに少しずつ食事をするのも急激に血糖値を上げない方法のひとつです。なお切迫流早産で安静を指示されている場合はこの限りではありません。

妊娠中の高血糖や妊娠糖尿病は、中年以降に糖尿病にかかるリスクが高くなるそうです。健康な赤ちゃんを産むためにも、日ごろから血糖値を正常範囲に保つ生活習慣を心がけたいものですね。

糖尿病の症状、末期になると

06

糖尿病についてどのくらいの知識があるでしょうか。

太っている人がなるもの、良く食べる人がなるもの、
甘いものが好きな人がなる、注射をし続けなければいけない
など、糖尿病の本当の症状を知らない人が数多くいます。

初期症状がほとんど現れない糖尿病ですが、末期になるとどのような症状になるのでしょうか。

糖尿病は特に自覚症状がありません。
現に目の前に「私は糖尿病です。」という人が現れても
どのように労わってよいのか分からないほど普通の外見です。

日常生活に不便がなければ、毎日運動をしたり食事制限をしたり苦痛な日々を送るのは面倒です。
しかし、面倒だからと毎日の生活習慣をおろそかにしてしまうと、糖尿病によってどんどん体が機能していかなくなります。

実は糖尿病には末期というものがありません。
なぜならしっかりと治療をし続けていれば病気ではない
健康な人と同じような生活をおくることができるからです。

しかし、治療を行わず、生活習慣も見直さず、面倒くさいと言って
病気を放置していると、恐ろしい合併症が待っているのです。

この合併症が起きることによって糖尿病と気づき、診断される人もいます。
ですから、一番の治療法は生活習慣を見直すことなのです。

糖尿病を放置していると、発症する合併症を紹介します。

糖尿病網膜症によって失明する。
少しずつ視界がぼやけてきたり、突然視界を失います。
目の病気ではなく、糖尿病の合併症なので基本的に見えなくなった光は取り戻すことができません。

歯が抜けてしまう。
糖尿病により、高血糖になるため血管への負担が大きくなります。
そのため免疫力の低下が引き起こされ細菌の感染リスクも高まります。
歯周病がひどくなり、すべての歯を失う人もいます。

足が腐り、切断する。
高血糖が続くと血管への負担が大きくなるのと同時に動脈硬化が進行します。
血のめぐりが悪くなるのです。足の感覚も鈍くなります。
血流が悪い為、怪我をしても治らず、感覚が鈍い為、怪我をしても気づきません。
悪化すると、皮膚や筋肉、骨まで腐ってしまうため切断の処置が必要になるのです。

糖尿病には末期はありませんが、放置しておくと更に様々な合併症が引き起こされます。
血管と神経に悪い影響を及ぼす糖尿病です。
生活習慣を見直して、少しでもおかしいと思う症状があったら、すぐに病院へ行きましょう。

でも、このような恐ろしいことになる前に自分の出来る範囲で生活を改善していきましょう。
これらのサイトでは、血糖値を下げる方法をわかりやすくよくまとめています。
参考にするといいでしょう。

医師に聞く!効果的に血糖値を下げる方法
危険!血糖値の正常値を今すぐチェック!

女性が感じる糖尿病の症状

01

血糖値が高くなる糖尿病。
自覚症状がほとんどなく、合併症を引き起こすまで気づかないという人もいます。
健康診断で血糖値が高いと言われても、何か理由をつけて再診断を受けずに
そのまま糖尿病が進行することもあります。
糖尿病を発症した時に、何かわかりやすい症状があればよいのですが。

しかし、女性が糖尿病を発症すると女性特有の症状が現れるのです。
特に更年期になる40代後半から50代の女性の方に現れます。

初期に症状が現れ、それを感じることができたら
その後に待っている治療にも早く専念できますね。
女性特有の糖尿病の症状をご紹介します。

それは、デリケートゾーンのかゆみなのです。

糖尿病の初期症状には次のことが挙げられます。のどが渇く、トイレに行く回数や尿の量が増える、お腹がよくすく
虫歯がひどくなる、手足がしびれる。このような症状は男女共通ですが、述べたように女性特有に
デリケートゾーンのかゆみが現れます。

ではなぜデリケートゾーンがかゆくなるのでしょう。
糖尿病になると血液中にブドウ糖が増え、血糖値が高くなった状態から
細胞へと上手に運ばれず、使われないまま血液中に残り、
ブドウ糖は結局尿となって排出されます。

ブドウ糖を必要としている細胞は、ブドウ糖が運ばれないため
栄養不足の状態なのです。
遂には細胞は死んでしまい、糖が流れる血管は詰まりやすく硬くなるため
血管が死んでいくことになります。

血液の流れがわるくなり、細胞が栄養不足になった状態はかゆみの大きな原因になるのです。
デリケートゾーンは女性特有の粘膜で保護されていますが、かゆみが現れてしまうのです。

かゆみが現れたからと言ってすぐに糖尿病とは限りません。
他に糖尿病に当てはまる症状が見つからない場合は
婦人科を受診することも頭にいれておきましょう。

また、40代後半から50代になると更年期障害に苦しむ女性が増えます。
ホルモンバランスの変化によって、糖尿病が引き起こされる場合もあります。

糖尿病を改善するためには生活習慣を見直す必要があります。
病院を受診し、食事や運動の面を改善していきましょう。

糖尿病と診断されました。治療法は?

血糖値が高くなる糖尿病。
生活習慣病とも呼ばれ、毎日の生活習慣によって引き起こる病気です。
自覚症状はほとんどなく、糖尿病に気づかず生活していると
合併症を引き起こす可能性があります。
健康診断などで血糖値が引っかかった場合は直ちに病院を受診しましょう。
では、糖尿病と診断された場合、どのような治療法が待ち受けているのでしょうか。

04

糖尿病は、生活習慣によって進行を抑えることができます。

初期の場合は食事療法と運動療法が最善の治療です。
バランスのよい食事と、運動が大切になるのです。

同じ1食でも、コンビニのおにぎりと、自身で作ったおにぎりでは量もカロリーも違います。
そのような細かいことに注目し体にあった食生活をするのが食事療法です。

糖尿病食事療法の為には多くの本が出版されており
病院でも指導を受けることができます。
自分の体重、毎日の運動量を目安に、1食の食事の量やカロリーに注目して
生活することが大切になります。

運動療法は自分にあった運動メニューをお医者さんの指導によって作りましょう。
毎日継続して負担なく続けられることが大事です。
毎日が無理でも1日、2日置きには必ず行いましょう。

簡単に行える運動はウォーキングです。
通勤時間を少し早めて1駅分、帰りも1駅分歩く。などと目標を立てて行うと
スムーズに運動をすることができます。
食後の1、2時間後に行うことで、食後の血糖値の上昇が抑えられますから
運動の時間帯もよく考えるといいです。

また、必要な人には投薬治療法もあります。
血糖を下げるための飲みすりや、血中のインスリンの分泌を高めるインスリン注射があります。
注射と言ってもとても簡単にできる注射があり自分でできるのです。

このように、糖尿病になると生活習慣の改善を基本とした治療法があります。
投薬が無ければ、普通の人と同じ生活を送れるのです。

糖尿病と診断されると、とても落ち込む人もいるかもしれません。
しかし、大丈夫です。毎日の生活習慣を見直すことによって
糖尿病とうまく付き合っていくことができます。

糖尿病になったら食べてはいけないものありますか?

糖尿病は血液中の血糖値が高くなる病気です。
その名の通り、糖尿が出るようになるので
多くの方が「甘いものを食べすぎると糖尿病になる」と考えがちですが
実際には甘いものを食べすぎるような毎日の生活を送ることによってなる病気です。

毎日の生活習慣が大きく関わる病気なので、1度に大量の甘いものを食べたからと言って
糖尿病になるわけではありません。

糖尿病になると、完全に治ることはありません。
しかし、体の状態に十分に合った食事療法、運動療法、薬物療法を行うことで
健康な人と変わらない生活を送ることができるのです。

05

ここでは、糖尿病になった時の食事療法について考えていきます。
糖尿病と診断されたら、今後どのような生活を送らなければいけないと思いますか?

前述で述べたように、体にあった治療法がしっかりできれば
健康な人と変わらない生活を送ることができます。
そのような観点から考えると、食べてはいけないものはありません。

食事療法は、〇〇ダイエットのような食材に制限をかける治療法ではなく
食べ物の栄養価やエネルギーを考えることが大切になります。

実際には、糖尿病患者さんだけではなく、健康な生活を送っている人にも
糖尿病予防としてバランスの良い食事となるためお勧めしたい食事です。

糖尿病と診断されたら、病院のお医者さんに1日に必要なエネルギー量を決めてもらいます。
それから、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養をバランスよくとれる食事を考えます。
その時、ビタミンやミネラルも欠かさずにとれるような食事が大事です。
これは、糖尿病患者さんにとっては食事ではなく治療となるのです。

日本糖尿病学会から発行されている「糖尿病食事療法のための食品交換表」を利用して
栄養素がかたよらないメニューを決めることが大切になってきます。
この、食品交換表には外食メニューも記載されているため、
外食をした時も安心して食事をすることができます。

食事は1日3食、毎日楽しむものですから、治療とはいえ楽しく続けたいですよね。
食事療法を豊かにするために、上手な食品選び、料理をしていき
様々なお料理を食べて、健康に過ごしていきましょう。

糖尿病を知って、生活習慣を見直そう

糖尿病という言葉をご存知ですか?
今や生活習慣病と呼ばれる糖尿病ですが、高齢者、良く食べる人、太っている人だけがなる病気ではありません。
最近では子供でも糖尿病の患者が数多くいるのです。

食べ物が豊富に、手軽になった現代の食生活は、糖尿病に近づくリスクがとても高くなっています。
糖尿病という病気を良く知り、健康維持のために生活を見直しましょう。

03

糖尿病は、血糖値が高くなる病気です。
血糖値は食事をすることによって一時的に高くなることはあります。
しかし、体の中にあるインスリンというホルモンによって血糖値を下げながら体の中で効率よく働くのです。

糖尿病になると、インスリンが足りなくなり上手に糖を運ぶことができなくなり、細胞にうまく作用しなくなります。
元々インスリンの量が少ない人もいるのですが、
糖尿病になると体の中で様々な栄養価の吸収が作用しなくなるため
インスリン注射などでインスリンを増やしてあげる必要があります

糖尿病になると、合併症のリスクが高まります。
3大合併症とも呼ばれており、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症です。

失明や、腎臓障害で透析をしなければいけない人も多いのです。
また、高血圧になる可能性が高く、心臓への負担が高まります。

では、普段の生活の中でどのような症状が出たら糖尿病を疑えばよいのでしょうか。
糖尿病は痛みなどがありません。
ですから健康診断で血糖値が高いことが判明してもそのまま治療を受けないひとが数多くいるのです。
自覚症状が無くとも、普段と違うと思ったら受診しましょう。

糖尿病症状の例は、のどの渇き、尿の量や回数が多い、体重の急激な減少
全身がだるく、疲れやすい、目がかすむ、立ちくらみ、手足のしびれなどです。

糖尿病予備軍はかなり多くいると言われています。
糖尿病予防のための一番手軽な方法は生活習慣の見直しです。

体に良いものを食べ、よく運動をしているでしょうか。
ダイエット、まではいかずとも健康維持のために最低限必要な生活習慣をして
糖尿病予防をしましょう。

手足のしびれを感じたら、疑おう糖尿病

自覚症状がほとんどない糖尿病は気づかない間に私たちの健康を害します。
そして恐ろしいことに合併症があるということが特徴です。

合併症を引き起こしたときに、糖尿病が発覚することがよくありますが
そのような症状が確認できる頃には既に病気がある程度進行している場合が多いのです。

糖尿病には3大合併症があります。
糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症のうち
その一つが手足のしびれなどの症状を引き起こす【糖尿病神経障害】です。
この症状が一番わかりやすく、合併症の中では1番早く症状が現れると言われます。

02

糖尿病は血糖値が高くなる病気なので、この状態が続くこと、
つまり高血糖状態が続くと、神経に栄養を送るための血管が詰まるのです。

血管が詰まると神経に栄養が届かず部分的に壊死します。
その為、手足のしびれなどの末梢神経障害が引き起こされるのです。

手足のしびれで糖尿病が発見できれば、自覚症状も出て治療に進むことができるのですが
糖尿病神経障害は大きく2種類に分かれており、手足のしびれなどの末梢神経障害と
心臓や血圧などに障害が起こる自律神経障害があります。
自律神経障害はたちくらみや胃もたれ、便秘、下痢などが主な症状です。

このような神経障害の場合、血糖値のコントロールをすることが大切です。
多くの人は、自覚症状があっても痛みを感じることがなかったり
普段の生活において不都合が無ければ病院に行きません。

しかし糖尿病は知らない間に進行する大変な病気です。
少しでも違和感を感じたら病院に行きましょう。
検査をして何も悪いところがなければそれで安心です。

糖尿病は毎日の生活習慣によって引き起こされる病気です。
美味しいものが簡単に食べられる現代において食生活を見直すことは
とても大事なことになってきています。よく噛んで食べ、そしてよく運動しましょう。

また、生活習慣を変えましょう。
一度良い食生活、運動生活をしたからと言って
症状が軽減されたり無くなることはほぼありません。
継続して生活をし病気に負けない生活習慣を心がけましょう。